ホームへ トピックス 会員広場 お役立ち情報へ SSMとは SSMカレンダー サイトマップ

トピックス
トピックスNo.141〜160

161〜180へ
160 初めての健康講話
159 第12回SSMボウリング大会
158 油絵展を見て
157 3キロの大鯛を釣りました!
156 我が家のシクラメン
155 日本サッカーミュージアム見学と本郷散策
154 晴海・佃島・月島・築地
    散策
153 国士無双の快挙
152 SSMデジタル写真クラブ第4回写真展
151 ママ座公演に参加して
150 第33回千葉県民写真展
149 第1回「健康サロン」開催
148 第11回ボウリング大会
147 いきいきプラザ文化祭
146 中研、新会場へ
145 「伊藤さんが連続ストライク
144 2008年SSM新年の集い
143 第6回PC勉強会
142 第33回にじのわ会ゴルフコンペ
141 中研大会と忘年会
140〜121
120〜101
100〜081
080〜061
060〜041
040〜021
020〜001
160 初めての健康講話 2008/5/29
「健康講話」開催  いま、日本の医療行政が、崩壊するのではないかと心配でなりません。そんな折、SSM主催の健康講話「元気で長生きにつながる健康法」が5月29日(木) 勤労市民プラザで開催されました。雨天にもかかわらず、関心は高く会員外を含め、50名が参加されました。

講師は、千葉健生クリニック院長の花井透先生です。先生は循環器をご専門とされる内科のお医者様です。高齢者に多い疾患の中から「高齢者の水分欠乏」 「骨粗しょう症対策」 「認知症の予防法」 「脳梗塞の前触れ」 などについて、臨床の立場から易しく、丁寧な
説明を伺い、一同大いに感心、納得を致しました。

加齢により一人ひとりの疾患数は、確実に増えますから、早期発見、適度な運動、、予防に心がけ、心身の健康を保ち長生きをしましょうと激励を頂き、講演会を終了しました。
文・大室高根/写真・工藤司朗 
159 第12回SSMボウリング大会 2008/5/14
ボウリング大会 全員集合  第12回ボウリング大会が、5月14日に行われました。優勝は三宅さん、準優勝は松野 3位は嶋田さんとなりました。

 前回は欠席したので今回はブ−ビを覚悟しておりましたが思いがけずに準優勝になりました。
(ハンディも多いこともあり) 隣の組が、三宅さんと嶋田さんでお二人でストライク、スペアを交互に取り合い、それに刺激され私もストライクが2つ連続できました。こんなことは初めてです。スペア−もいくつか取れました。嶋田さんはハイスコアもお取になりました。

 第2ゲームは本来の調子でしたので、成績発表を見てビックリしました。チ−ムの方達とも和気あいあいと楽しく過ごせました。
幹事の方、クラブの役員の皆様にお礼申し上げます。
文・松野雅太郎/写真・嶋田治雄
158 油絵展を見て 2008/5/
山口さんの作品 人物二点 風薫る爽やかな日、
SSM会員の山口智子さんのお誘いをうけ、稲毛ギャラリーに「ことぶき大学の油絵展」を見学にまいりました。

 いずれも力作揃いでシニァの趣味とは思えないほどの素晴らしい作品の数々でした。中でも山口さんの人物二点はそのデッサンの正確さはもとより、ジーパンの質感やブーツの質感などとても細かく表現されていましたし、バックの色合いも淡く人物の清楚な感じを浮き上がらせて効果的でした。
美しいモデルの女性のちょっと遠くを見つめた様な愁いのある瞳が印象的でした。
 何事にも真摯な態度で励まれる山口さん、これからも良い作品をみせていただきたく思いつつ、会場を後にいたしました。 
文・江邨宏子/写真・いけちゃん
157 3キロの大鯛を釣りました! 2008/4/30
大鯛を釣り上げたハローさん  4月30日に約1年ぶりに釣りをしました。
午前4時に起床。三浦半島先端の松輪漁港に到着した時には夜はすっかり明けていました。
釣友二人とおち合い、いつもの釣り船(かってSSMメーリングリストでご紹介した「釣りばか日誌もどき」の、あの古くて小さいK丸です)の船長の「出るよ」の合図で釣り場に向かいました。
海はべた凪ぎ、鏡のような海面です。既に多くの大型釣り船が集まっているなか、わがK丸は釣り船群団の間をこまめに縫いながら、釣り場所を探します。「始めて〜、深さ18メートル」の船長の声で第1投。1時間、2時間、3時間・・・竿先に何の反応も無いままに、竿の上げ下げが繰り返されました。お昼も過ぎて、もうあきらめ始めた時、竿先にグァ〜ンと強い引き込みがきました。
大きく合わせて、リールを巻くと再び真下に引き込む強い引き、これぞタイの三段引きです。今までに無い強い引きに期待は高まります。慎重に、慎重に引き上げ、海面に姿を現したのは、なんと体長60センチ、3キロの大鯛でした。

久しぶりの釣行で、鯛では今まで最大の大物を釣り上げることが出来ご機嫌な釣行でした。
一日置いて翌晩は、お刺身、かぶと煮、あら煮にお吸い物と鯛料理を堪能しました。とりわけ鯛茶漬はお奨めです。釣り人だけが味わえる至福の時でした。
※仕掛け:ハリス4号10メートル、針真鯛10号。錘り80号のビシかご使用の天秤仕掛け。クッションゴム1メートル。
文・写真/嶋田治雄
156 我が家のシクラメン 2008/4/30
見事に咲いたシクラメン 我が家の大きく育ったシクラメンを見て頂きたくて・・・・。
もう15年位前になるでしょうか??何という名前かどこで買ったかも忘れてしまった程古いの話です。

 過保護、過干渉で子育ては失敗しましたが、遠くからじっと見守り、水をあげること以外は何もしなかったのが良かったのでしょうか?のびのびと育ち、今年は200余りの花が咲き、直径も90cm位になりました。5月中頃までは充分楽しめます。
来年も元気に咲いてくれることを願っています。
文・写真/鈴木 恂
155 日本サッカーミュージアム見学と本郷散策 2008/4/23
日本サッカーミュージアムをバックに記念撮影 4月23日(木)お茶の水駅で集合したSSM会員19名は、幹事の嶋田さんの先導で本郷サッカー通りのサッカーミュージアムを訪ねました。
 鳥本さん旧知の日本サッカー協会会長川渕三郎さんの全員招待のご好意に預かり、マネージャーの柏さんの懇切なご説明で館内を見学、日本サッカーの歴史、古今の選手の写真、レフェリーの携帯する笛、試合ごとの使用ボールなどを見学、また希望者が有名選手10名をかたどった像の輪に11番目の選手として肩を組んで写真を撮ったり、日本代表が2006年のワールドカップドイツ大会で戦ったときの懐かしい映像を特大のヴァーチャルスタジアムで鑑賞したり、楽しいサッカー漬けの2時間を過ごし、記念撮影ののち辞去しました。

 この後の本郷散策では、折からの暖かい春の陽気のなか、春日の局(つぼね)の菩提寺“麟祥院”や「ここまでは江戸のうち」で有名な「かねやす」のお店を探訪し、更に東大赤門、三四郎池を経て、旧岩崎邸を訪ね110年前の洋式建築を見学勉強したのち、おしまいに湯島天満宮を拝観、充実した一日を終えて散会しました。
文・三宅哲郎/写真・伊東 章
154 晴海・佃島・月島・築地 散策 2008/4/17
「しらせ」をバックに全員で記念写真 4月17日(木)に「四季の会」は「晴海埠頭・佃島・月島・築地」散策を行いました。当日はお天気が心配されましたが、午前中は曇りで予定通りの散策ができました。
 東京駅から都バスで「晴海埠頭」に向かいました。晴海埠頭には南極観測船「しらせ」が 最後の航海を終えて、埠頭に接岸していました。早速「しらせ」をバックに全員で記念写真。「しらせ」の最期の勇姿をカメラにおさめ幸運に恵まれました。南極観測船「しらせ」の代船は舞鶴で進水式があり、来年の秋就航するとのことです。
「晴海埠頭」では船客待合室の展望デッキから、東京港をまたぐレインボーブリッジ・築地市場移設予定地や東京タワーをはじめ、超高層ビル群が眺められました。
 「佃島」には、昔ながらの古い町並みと超高層住宅が混在した風景があり、棟割長屋の路地裏には狭い軒下を上手く利用した植え込みに、色とりどりの花が咲いていました。急速に再開発がすすむなかで、昔の江戸・東京の面影を残す下町風景が消えてゆくのは寂しい思いがしました。
 「月島」は現在NHKテレビの連続ドラマ「瞳」の舞台になっており、「もんじゃの町」で話題になっています。月島から「勝どき橋」を渡り、話題の「築地」の寿司屋で、遅い昼食を取りながら懇談し、楽しい「晴海・佃島・月島・築地」の散策となりました。
文・写真/小野原 勝男
153 国士無双の快挙 2008/4/1
快挙!しかちゃん国士無双 4月1日のエイプリルフールに、中国語研究会の例会が開かれました。その1ゲーム目の大ラス(半荘ゲームの最後)に、しかちゃんが、鮮やかに「国士無双」を決めました。「国士無双」は「上がり役一覧」でも、最後のほうに載っている難しい上がりです。
 平成14年に創立した中国語研究会の歴史の中でも、「国士無双」を、例会でやってのけたのは、しかちゃんが初めて。これで、ハコテンに近かったのが、一気にトップに躍り出ました。
例会では計4ゲーム行いますが、その後も好調で、100点を越す点数で、女子の部優勝を飾りました。ちなみに振り込んだのは、Iちゃんでした。

このトピックスは、決してエイプリルフールではありません。念のため。
文・写真/いけちゃん
152 SSMデジタル写真クラブ 第4回写真展 2008/3/11
第4回写真展 SSMデジタル写真クラブ第四回写真展が、3月11日〜16日、千葉市民ギャラリー・いなげで開催されました。

 期間中、SSMの会員、会員家族やお知り合い、通りかかった方など、今までで最高の540名の方に観ていただくことが出来ました。
会員以外でも、写真好きの方は毎年来ておられ、年々腕が上って、見ごたえのある写真が多いとお褒めをいただきました。

 小さい子供づれのお母さんが、熱心に見て回られた後で、SSMの資料や入会申込書がないかとのお問合せ。ビックリして「貴女が?」と聞くと「いえ、父が写真が好きなので」ということでした。それほど、皆さんにいい印象を持っていただいた展示会でした。

 これも、いい写真、さらに統一したフレームに入って、より魅力が引き立ったということにあるようです。指導し、企画していただいた司朗、俊郎両先生に感謝します。
文・益田 清/写真・大室高根
151 ママ座公演に参加して 2008/3/3
一人芝居の内田さん 11月の本読みに始まって、2月の舞台上での練習、4ヶ月の稽古で、演出家が何を観客に言いたいのか、理解できるようになって来ました。
 おこがましいですが、台詞が身に付いてくる。 新人としては、とにかく明るく笑顔、笑声、元気に、大事な台詞を大きな声で強調して努めました。
 
 演技以外の舞台を作り上げるまでの裏の仕事の量が、演技と同じくらいエネルギーを使うので 、大変でしたし疲れました。
 人前で間違えないように台詞をいう、それだけで相当なプレッシャーでしたが、終わってみれば大きな大きな充実感が、心を満たしていました。

文・写真/内田ちよ子

150 第33回千葉県民写真展 2008/3/9
 第33回千葉県民写真展が県美術館で行われました。「自由の部」「課題の部・家族」「ネーチャーの部」「中学・高校の部」など力作ぞろいで、課題の家族の写真には微笑ましいーとおもわず足を止め、自然を題材に撮っている方のはかなりの経験があるのではと推察したり、よくぞこんなシャッターチャンスにと感心するものなど第33回千葉県民写真展、溜息をつきながら見学しました。
 SSM写真クラブは入選の高中俊郎さん、加来洋一さん。そのほか高仲惣二さん、伊東 章さん、内田ちよ子さんなどの作品も素晴らしかった。
月例会で私の写真が選ばれない理由がわかったような気がした一日でした。
文・写真/鍵和田 潔
149 第1回「健康サロン」開催される 2008/2/28
健康サロン開催 去る2月28日、幕張市民プラザに於いて第1回の「健康サロン」が20名の参加者を 集めて催されました。
 
 まず鳥本SSM会長からこのサロン発足の意義と目的につきご挨拶があり、次いで体験者トーク・コーナーでは加茂川博さんと武山忠孝さんが、夫々の 入院治療体験を詳しく披露され、多くの参会者の共感と感動を呼びました。
 後半では鳥本さんが日本の医療の憂うべき現状を、三宅哲郎さんがこの4月から施行される「後期高齢者新医療制度」を夫々、資料にもとづいて説明しました。
 
 3時間に及ぶ熱心なトークを経て、情報共有と勉強の有意義な第1回目の会合を終了しました。
文・三宅哲郎/写真・嶋田治雄
148 「第11回BW大会」渡邉さん優勝 2008/2/13
優勝した渡邉さんとしかちゃん  2月13日に開催された第11回ボウリング大会で優勝する事が出来ました。
第1回から参加させていただいていますが第7回大会で優勝してから、久々の優勝です。今回は、第1ゲームは(ストライク3、スペアー 2 )トータル 137、
第2ゲームは(ストライク2 、スペアー 6 )トータル 172(ハイスコア賞)、合計309と私としては過去最高の成績でした。
特に第2ゲームは、7フレームまでストライク2 、スペアー5と1点も落とさず完璧でした。これが高得点につながったと思います。これからも優勝出来るように頑張りたいと思います。但し、ハンデキャップが少なくなるので苦しくなりますね。
最後に、チームメイトに恵まれたこともよい成績が残せた勝因と思っています。ここで御世話いただいた幹事、ボウリングクラブの役員方々に感謝します。

 準優勝は嶋多紀さん、第3位は橋詰粲子さんでした。
文・渡邉幸雄/写真・嶋田治雄
147 「いきいきプラザ文化祭」 2008/2/18
山田さんと自作品  益田さんと自作品

 美浜いきいきプラザの文化祭が、2月16・17日と23・24日の2週にわたって開催されています。前期の部で、SSMの山田マックさんと益田さんのお二人が絵を出品されています。マックさんはいきいきプラザで活動している「美浜いろどり会」で月2回水彩画の勉強を続けられて、今回は三回目の出品になります。絵のタイトルは「習作(4)」文化祭では習作シリーズで出品されています。今回の習作は、若いモデルさんの初々しさが伝わるさわやかな作品です。

 益田さんは、今期から「画楽多会」の一員として絵を始められました。出品作は「ちょっと一杯」ハタハタの干物を丁寧に描かれたユーモラスな作品です。益田さんは後期に俳句を出品する予定、そちらも楽しみです。
文・写真/いけちゃん
146 中研、新会場へ 2008/2/5
優勝者:白須忠夫さんと鏡山恭子さん   2月の例会から、中国 語研究会の会場が変 わりました。中研創立 時から拠点にしていた 会場は、手狭で卓が足 りなくなるなどがあり、 お世話係りさんが雀荘を探していました。

  新しい会場「グリーンクラブ」はJR千葉駅から徒歩7分、程よい距離で、周りにお店も多く、途中でお弁当を買う楽しみもありそう。雀卓も前会場の2倍近くあり、全員出席しても十分対応できます。女性陣懸案のトイレ関係も良好。
  麻雀卓も新しい装置で、みな興味津々。いろいろ触ってみて、にぎやかなゲームスタートになりました。また今回から4人の女性会員が中研に入会されました。女性の少ない中研に大きな戦力になりそうです。

 栄えある新会場初回優勝者は白須忠夫さんと鏡山恭子さんでした。
文・池ちゃん/写真・大室高根
145 「伊藤さんが連続ストライク」 2008/1/24
「伊藤さんが連続ストライク」  1月24日、ボウリングの・クラブ例会が開かれる千葉エースレーンで、有志による自主トレが行われました。
  2月の大会でひそかに上位賞品を狙う面々ですので、自主トレのメンバー名は公表しませんが、その中の伊藤篤さんが、4連続ストライクの快挙を達成しました。4連続のストライクと言うのはアマチュアではそう出るものではありません。 ゲームの後半から調子を上げて、9フレームからストライクを4回続け、トータル161点。2ゲームも156点のハイスコアで、今日の伊藤さんは絶好調でした。この快挙を目の当たりにした他のメンバーにも大きな刺激になったようで、ストライクやスペアが続々と出ていました。

  2月のボウリング大会は、ハイレベルな戦いになることでしょう。伊藤さん曰く「この好調が、本番では出ないんだよねー」 伊藤さん、大会でも頑張ってください!
文・写真/池ちゃん
144 「2008年SSM新年の集い」 2008/1/18
キルギス音楽演奏風景 「2008年SSM新年の 集 い」が、1月18日レスト ラン NOAで開かれました。例 年にない寒さとあって直前に体調を崩された方が何人かいましたがそれでも80人近く参加し盛況でした。
鳥本会長の挨拶に次いで、年男の加茂川さんの音頭で乾杯。一気に盛り上がります。「お料理の味、毎年良くなっているわね」などとの声が聞かれましたが、質量とも言うことなし。
 この日の呼び物は、キルギス民族音楽とお琴のコラボレーション。民族衣装を身につけた可愛い娘さん二人が、お国の三弦楽器「コムズ」を奏でます。次いでは金属製の口琴、それに木製の口琴を使っての演奏です。独特の哀愁をおびた音色が静かに会場に響き渡ります。お琴との合奏は、お正月らしく「春の海」など。演奏が終わっても“アンコール”の声が止みませんでした。

 最後は全員による合唱。曲は今や歌う会ルピナスの持ち歌となった「思い出」と「千の風になって」。80人もの合唱となると迫力があります。きれいなハーモニーが会場一杯にこだましていました。久し振りにお会いした方も多く名残が尽きないのか、いくつかのグループが二次会に繰り出していました。仲間って本当に良いですね。
文・中嶋 勲/写真・工藤司朗
143 第6回PC勉強会・フォトショー&Word応用編 2008/1/16
鍵和田さんと生徒 勉強会場にて 冬至を過ぎ、日一日と藺の節ほど日が長くなるといいます。寒さの厳しい1月16日、第6回
PC勉強会が生涯学習センターで開催されました。第1部は高橋安吉さんの「フォトショー・アルバム」、第2部は鍵和田潔さんの「ワードを応用した会報つ
くり」でした。1,2部参加メンバー延べ39名、アシスタント、支援者約15名で午後1時開講しました。最初の「フォトショー・アルバム」はメーリングリスト上でいつも楽しませて頂いている、あのフォトショーです。メインソフトは大変に合理的なソフトで、理解をすれば、雨も降らせる、テロップもつけられ、BGMも流せ、あの華麗な「フォトショー・アルバム」を素人でも作れるのです。

 第2部の「ワードの応用編」は、私のワードでこんなことが出来るのという驚きです。製作例の「みはま自治会だより」は綺麗で、読みやすく、汎用的な良い事例で大いに活用できそうです。あまり出来の良くない生徒に、一生懸命に教えて下さった講師の方、即ホローしてくれたアシスタントの方々ありがとうございました。懇切丁寧な資料にも感謝いたします。いずれ成果を提出し講師への感謝としたいと思っております。今後の勉強会に更なる期待をして、5時30分終了しました。
文・大室高根/写真・池ちゃん
142 初の快挙!!女性プレーヤーが上位独占!!  2008/1/8
優勝した岸さんと穂積さん  新春1月8日に「第33回にじのわ会 ゴルフ・コンペ」が市原ゴルフクラブ・柿の木台コースで、参加者20名で開催されました。お正月早々なのに、 とても暖かい晴天に恵まれ、最高のコンディションの中で和気藹々のプレーが行われました。 
 今回、33回目開催の中で、特筆すべき快挙がありました。それは、優勝から5位までを全て「女性会員が独占」したことです。それも、スコアが−8アンダーから−4アンダーと驚異的な素晴らしい成績を出したことです。
優勝 =岸 嘉子さん(−8)     4位=橋本みち子さん(−4)
準優勝=東郷香代子さん(−7)    5位=盛本久世さん(−4)
3位 =石井登久子さん(−6)
 “春の珍事”等とは口が滑っても言えません?が、もう二度とは起きない“お正月の出来事”で、パーティ会場はとても盛り上がりました。
ちなみに男性会員のトップは、ベストグロスの高中俊郎さんでパープレーの6位。以下男性の成績は“差し控えさせて”いただきます。
唯一、男性で特筆すべきはブービー賞=小関 宏さん。大変、ご苦労様でした。
文・穂積靖司/写真・高中俊郎
141 中研大会と忘年会 2007/12/4
 12月4日中国語研究会の、ちょっと遅めの秋季大会と忘年会が合わせて開催されました。
麻雀「太郎」の7卓をフルに使っても足りない29人の参加でした。
 大会を制したのは大御所・
中嶋勲さんと、女傑・橋詰粲子さん。11月から2回連続優勝の勲さんから、新年の例会も制してトリプルを狙うとの強気な発言もありました。
 秋季大会のとび賞も多数、1年の締めくくりということで皆勤賞の4人の表彰もあり、そして全員に参加賞が渡されました。
 表彰式のあと、場所を移して忘年会。にぎやかなおしゃべりに興じて、よい年忘れができました。また新たな気持ちで来年も元気に麻雀やりましょう!
文・池ちゃん/写真・大室高根