ホームへ トピックス 会員広場 お役立ち情報へ SSMとは SSMカレンダー サイトマップ

トピックス
トピックスNo.101〜120

121〜140へ
120 第2回パソコン勉強会
119 第30回にじのわゴルフ大会
118 第2回SSM勉強会
117 優秀賞受賞!
116 ハンカチ王子観戦記
115 静枝さん俳句入選
114 お花見会
113 写真展終了
112 写真展
111 内田さんグランプリ新聞発表
110 美浜いきいきプラザ祭り
109
「パソコン勉強会を開催」
108 千葉県民写真展 受賞に際して
107 千葉県民写真展グランプリ受賞なんて!
106 第7回 SSMボウリング大会
105 モーツァルトならこの一曲
104 D 51
18年ぶりに千葉を走る
103 2007年 SSM新年の集い
102 第29回にじのわ会ゴルフコンペ
101 2007年・大発会開催
100〜081
080〜061
060〜041
040〜021
020〜001
120 第2回パソコン勉強会開催 2007/5/10
 5月8日(火)第2回パソコン勉強会が千葉市生涯学習センターで開催されました。
第1回同様直ぐに定員に達し、皆さんの熱心さが伝わってきて幕張メディアサーフィンの頃を想いだしました。

 第一部は池垣さん担当のOutlook Express編でアカウントのプロパティをプリントスクリーン、入力方式の「話し言葉優先」など、復習あり新しい発見ありで次は何かしら・・・と意欲の出る講習でした。

 第二部は西原さんからWordの技「書式」についての講習でした。
最初に行うページや書式の設定も大事ですね。Tabキーやインデントは便利な機能ですがなかなか活用していません。今回の練習問題で「なるほど〜」でした。キーボードは入力するだけに使っていますが、ショートカットキー(Ctrl+C)などは覚えておくと便利だと思いました。

 これからも皆さんと協力し、情報交換の場として生涯学習センターでの勉強会を続けて行きたいと思います。
文・西岡久恵/写真・いけちゃん
119 第30回にじのわ会ゴルフ大会 2007/5/9
4月10日第30回にじのわ会
ゴルフ記念大会がオークヒルズCCで行われました。

 栄えある優勝の星野雅彦さんは「好天とパートナーに恵まれて、前半アウトではもう優勝の芽はないと思っておりましたが、後半14番ショートでNPパーを
とってから名物ホール16番ではチップインバーディーと調子に乗り41で上がり、NET72という結果でした。
いつも反省しながらのゴルフですが、このような大勢のコンペで優勝できたのは大変嬉しく思っております」と喜びを語っていらっしゃいます。
文・小川絢子/写真・高中俊郎
118 第2回SSM勉強会 2007/4/26
  4月25日(水)午後1時半から第2回SSM勉強会「高齢者のための交通安全教室」が千葉市幕張勤労市民プラザで開催されました。
生憎の雨模様でしたが、会員を始め会員のご友人など50名の参加がありました。
 《 今回のテーマー 》 
 1、「高齢者のための交通安全教室」 2、「インターネット犯罪について」を担当講師(県警本部・県交通安全協会連合会)の方が其々、工夫を凝らし、ユーモアを交え、分かり易く、講演してくださいました。 
千葉黄門様の寸劇には指名を受けた会員の方が助さん、格 さん、お銀さんを熱演され、喝采を浴びました。ご出演、お疲れ様でした。

 日頃、油断しがちな大型車の交差点での内輪差や死角、後部座席のシートベルトの大切さ、夜間外出時の夜光反射器材の活用、自転車の通行等の注意を聞き、運転する人、歩行者共に事故防止に努力することの必 要性を痛感しました。
 また、インターネット犯罪についてもオークション、ワンクリック詐欺、パスワードや個人情報の管理、セキュリティの重要性を改めて認識した実り多い勉強会でした。
文・白井/写真・司朗
117 優秀賞受賞! 2007/4/22
優秀賞賞状 千葉県健康福祉部の「誰でもつかえるホームページコンテスト2006」に、シニアーズ スクエア 幕張のホームページを応募したところ、3月23日の審査委員会で、優秀賞に選ばれました。障害者や高齢者を含め、すべての人にわかりやすく見やすく利用しやすい工夫のあるホームページを 広める目的で開催されたコンテストです。
 実はこのコンテストに応募したのは、締め切りの1日前の駆け込み応募でした。アクセシブルなページというには準備不足で、今後の勉強のための応募のつもりでした。それが思いもかけない優秀賞受賞になったのは、日頃からWebページクラブ員が、SSM会員に見やすく操作しやすいページ作りを心がけた成果といえます。賞状とともに審査結果が入っており、審査委員会の講評のなかに「生き生きとしたシニアの活動の様子が伝わってくるようなサイトでした。」とありました。
SSMの素晴らしさがいただいた賞でもあります。講評で、改良すべき点などたくさんのアドバイスをいただきました。

 これからもWebページクラブ員みんなで、よりよいページ作りを考えて、改善していく決意を新たにしました。
文/写真・池垣真知子
116 ハンカチ王子観戦記   2007/4/20
ハンカチ王子デビュー  昨年夏の高校野球を沸かせて早稲田大学に入学したハンカチ王子こと 斉藤佑樹投手が春の六大学野球にデビューするのは何時か、マスコミはこの話題に飛び付いた。
 いくら相手が東大といえ開幕戦に登板はないだろうと予測していたが、メンバー発表で早稲田大学の投手、斉藤佑樹とコールされると球場に詰めかけた18.000人の大観衆から、うおー!と言うどよめきが上がった。たまに早慶戦は観戦するが六大学野球の観戦は何年ぶりだろう、周りを見渡すとオールドフアンに混じって普段野球には縁の無さそうなオバサマ達が大勢いる。これがハンカチ王子のフアンかと改めて感心する。内野スタンドはほぼ満席の中、斉藤投手の第一球が投ぜられた、二球目をファーストライナーに討ち取ってからはスイスイと快調なピッチングは続く、5回を終わってノーヒット、関心したのは四球を出さない。

 結局初登板は6回を投げてヒット1本、8奪三振で勝利投手。華やかなデビューを飾った。
流行に乗りくれないことをモットーとしている私はこれから何回神宮に足を運ぶ事になるだろう。
文・写真/司朗さん
115 静枝さん俳句入選 2007/4/15
  SSM酔芙蓉俳句の会が始まってから1年半ほどなのに快挙がありました。
  酔芙蓉会員の佐々木静枝さんが平成18年度NHK全国俳句大会に入選なさいました。

 満天の星座煌く登山小屋  静枝

 昨年夏、駒ヶ根高原千畳敷カールへ家族で行った時の感動を俳句に詠み、(公民館の俳句教室の先生のお勧めで)俳句大会に出されたのだそうです。「早朝登山をする男3人(夫、息子、3歳の孫)を見送った時の砂金を散りばめたような星空は一生忘れられませんと静枝さんは語ります。
あなたも酔芙蓉に入って感動を575に詠んでみませんか。
文:山口智子/写真:いけちゃん
114 お花見会 2007/4/10
SSM恒例のお花見会が3月27日、54名の参加を得て薄日の射す千葉ポートパークで賑やかに開催されました。幹事担当は「歩こう会」で、鍵和田会長の司会で会が進められました。今年は天候の不順のため、桜の開花が遅れ気味で、花の数は幾分少なめでした。
その分、みなさんの話に花が咲き、あちらこちらから笑い声や拍手が絶えませんでした。また久しぶりのお仲間を見つけ、懐かしい話を語り合う姿も多く見られました。特製花見弁当を味わい、串団子を食べ、ビールを酌み交わし、ご機嫌の中でビンゴゲームに興じ、賞品の当たり外れにやきもきし、大いに沸きました。最後に、江崎さんの指導で、昔懐かしい叙情歌「故郷」などを合唱し、次回の再会を約し、会を終了しました。
文・写真/大室さん
113 写真展終了 2007/4/7
写真の講評 SSMデジタル写真クラブ「第三回写真展」は、3月25日に閉幕しました。写真展期間中6日間で550名近い来場者がありました。SSM会員だけでなく多くの写真ファンを集め、ひとつのグループの写真展として定着して来た感があります。
来場された写真家の先生からは、年々レベルが上がっているとの評価もいただきました。
談話室では、連日にぎやかに会員同士旧交を温める姿が見られ、また、他の写真グループやシニアのパソコングループとも写真談義に花が咲き、新たな交流が始まりそうです。千葉ガーデンテレビの取材や、韓国の記者が訪れ取材を受けるなど、話題の豊富な写真展になりました。

 最終日は、ほぼ全員が集まって手早く撤収作業の後、場所を移して打ち上げ会が行われ、お互い1週間の労をねぎらい乾杯。心地よい達成感で打ち上げ会も和やかにすすみ、最後は三本締めでお開きに。景気のいい掛け声は、写真展が終わったと言うよりも、来年に向けてのスタートが切られたと言うことです。
文・いけちゃん/写真・大室
112 写真展 2007/3/23
  3月20日から、デジタル写真クラブの第三回写真展が、市民ギャラリー・いなげで開催されています。71点の写真が、3室の会場いっぱいに飾られ、SSM会員だけでなく、多くの写真ファンを集めて連日大賑わいの盛況です。
 写真を見に来るお客様だけでなく、千葉ガーデンテレビの取材があったり、また嶋田代表が福祉施設向けの雑誌の取材を受けるなどお茶室も大賑わいでした。3日目には韓国の新聞記者がこられました。市民ギャラリーの見学に来て、シニアが開催するデジタル写真展に興味を持たれた様子で、熱心に取材されていました。写真はガーデンテレビ出演中の司郎さんと韓国の記者の取材を受ける加茂川さん。
文・写真/いけちゃん
111 内田さんグランプリ新聞発表 2007/2/27
グランプリ新聞記事 第32回県民写真展の入賞作品が正式に発表されました。
2月27日の朝日新聞の朝刊にグランプリに輝く内田ちよ子さんの写真とともに全入賞者名が掲載されました。


 写真展には734人、2370点の応募があり、その頂点の最優秀のグランプリに選ばれたのです。トピックス107話で、ご本人から撮影秘話を語っていただきました。また県教育長賞は伊東章さんが受賞されています。トピックスの108話をご覧ください。
 3月6日から11日まで県立美術館で、入賞作品のほか、全応募者の作品が各1点展示されます。写真展の最終日の11日に表彰式があります。
文・写真/いけちゃん
110 美浜いきいきプラザ祭り 2007/2/18
マックさんと出品作 益田さんと出品作
 
 2月17・18日、恒例の「美浜いきいきプラザ祭」が開かれました。いきいきプラザで開かれている教室や同好会の作品が会場いっぱいに展示されています。水彩画の同好会の一員として二度目の出品の山田マックさんの作品は、柿を描いたしぶい色調の「習作(2)」マックさんによると、あまり題名にはこだわらないで「二度目の出品だから(2)なんだよ。来年は(3)になるはず」とのこと。数字と共に、腕前の程も確実に上がっているようです。

 マックさんとは別の水彩画の同好会で、益田さんが出品されていました。題名は「果物」瑞々しい果物の写生で、同好会としてはじめての出品だそうです。実はいきいきプラザのお祭は2週にわたって開催されます。同好会の活動が活発で、作品も多くなって、展示を二回に分けることになったそうです。益田さんの俳句は24・25日に展示されるので、今回見られなくて、ちょっと残念でした。
文・写真/いけちゃん
109 「パソコン勉強会を開催」 2007/2/14
勉強会風景  春一番が吹いた2月14日、SSM主催のパソコン勉強会が、生涯学習センターで開かれました。

  第一部ではメール、インターネットの操作を中心にした基礎講座、第二部はハードディスクの整備から設定までと題する中級講座でした。
  多くの方からのパソコンの勉強をしたいという要望に応えたもので、定員20名は、即定員に達するという、大人気でした。
  第一部では白井さんからネチケット、池垣さんからメールを主に勉強会が進められました。ネチケットの大切さ、顔文字のありかを知ったうれしさ、署名の作り方など、親切なアシスタントの支援もあって、受講者は大いに満足感を得たようです。

  第二部では西原さんからハードディスクのメンテナンス、正しい条件設定をして快適な動作環境を確保しようという内容でした。設置パソコンの制約で、プロパティを開けない歯がゆさはありましたが、西原さんから「もし困ったらキャンセルをクリックすれば、元に戻ります」という言葉に勇気付けられ、ハードディスクが身近なものになりました。約6時間の長時間でしたが、充実感を得て、更に向学心に火をつけた価値ある1日になりました。      
文・大室高根/写真・工藤司朗
108 千葉県民写真展 受賞に際して 2007/2/12
千葉県教育長賞 この度「県民写真展」自由の部で千葉県教育長賞を受賞できました。昨年についで2度目の出品ですが、このような賞をいただき感激しています。これも工藤先生、高中先生はじめSSMの皆さんの日頃のご指導のお陰と感謝いたしております。
 
作品は昨年7月、デジタル写真クラブの例会で今月の1枚に選んでいただいた「ハイポーズ!!」です。千葉市動物公園の噴水のしぶきの中で戯れているこども達の表情がとても素敵でねらった中の1枚です。

 昼下がりの逆光の中、白いしぶきをバックに兄弟のポーズと表情が偶然おもしろく捉えることができました。
データ 撮影日時 06/07/13 14:31
     撮影場所 千葉市動物公園
     絞り優先AE Av:8.0
     Tv:1/640
     露出補正 -1/3
     ISO   400
     WB AWB
     レンズ  70-300(90.0) m/m
     カメラ  CANON EOS20D
文/写真: 伊東 章
107 千葉県民写真展グランプリ受賞だなんて! 2007/2/12
推奨 はからずも大変な賞を頂いてビックリでした。ただ、幸せを与えてくれるネコ達と一緒に写真を撮りたかっただけなんです。福ネコ達の御利益でしょうか。丁度1年ほど前の今頃。締め切り迫るSSMの写真展に耐える写真が撮れるかプレッシャーの真っ只中にいました。
 
 始めにモデル選び。クロは写真顔が怖い、タマはすぐ逃げる。チビはカメラ好きで合格。この日は晴天で、瞳が細くなって可愛く撮れないので曇りの日を待って2日目。カメラとチビまでの距離約30p。1p前後するとチビの顔の大きさが違ってきます。セルフタイマーをセットし撮っては確認の繰り返し。チビも疲れてくるので、5,6分して一休み。そのうち、ビデオカメラの液晶画面を鏡代わりにして撮る工夫が生まれました。最後から2番目の写真、チビの瞳がまん丸に撮れていました。ピントもぴったりです。
 リコーカプリオRX28o広角、ISO200でオート設定。広角で接近して撮ったことが、この写真を決定づけたと思います。
 
受賞のご褒美にネコ達にお刺身を上げましたが、チビは食べない。何時も食べているキャットフードの方が良いって。お刺身はクロが食べてしまいました。
 ネコ達は私の大切な仲間です。写真クラブに入っていなければ撮れなかった写真です。おまけにグランプリまで頂き、ご指導下さった工藤、高中両先生、そしてSSMの皆さまに感謝致します。
文/写真: 内田ちよ子
106 第7回 SSM ボウリング大会 2007/2/7
表彰画像   第7回SSMボウリング大会は
 2月7日(水)船橋BSスポーツセ
 ンターで開催されました。

  参加者はいつもの会場、大会
 の雰囲気にも慣れて「さあ、今
 回も頑張ろう!!!」と準備体
 操をしっかりやって1フレームの練習を終えいざ試合開始です。
 直ぐに大きな声で拍手にハイタッチ。歳を忘れますねェ〜。1ゲーム終わったところで各レーンのスコアボードが気になり覗いて 「すご〜い!ハイゲーム」とか 「もっと頑張らなきゃ・・・」、 「2ゲーム目は見てて・・・」と余裕も感じられる大会になってきたように思います。毎回参加していますが今回準優勝できたのは、レーンコンディションと投球が上手く合っていたのでしょう。もちろんチームメイトと、隣のレーンで頑張っていた渡邉さん、しかちゃんのプレーが励みになったのかも・・です。

 優勝・渡邉幸雄さん、準優勝・西岡久恵、第3位・秋野裕子さん、ブービー賞・尾形佳江さんでした。
 次回は5月9日(水)の予定です。
文・西岡久恵/写真・高中俊郎
105 モーツァルトならこの一曲 2007/2/5
ミラベル庭園風景  この度、大室さんから掲題の投稿依頼があり、僭越ながら投稿する事になりました。
 若い頃「朝起きてはモーツァルト、寝る前にもモーツァルト」で一日が終わるほど熱中して聴きました。
 昨年はモーツァルト生誕250年にあたり世界中で盛大に彼を偲びました。彼の誕生日は1月27日です。この日に因んで好きな一曲を選んでみました。(実は沢山有り過ぎて選ぶのに困りました)
 それはモテット「アヴェヴェルム・コルプス K618」です。
 病弱な妻「コンスタンッツェ」は毎年のように初夏になるとドイツ・バーデンの温泉地に保養に行っていました。モーツァルトはウイーンから度々この地を訪れ見舞っています。当時彼女に送った手紙が残っています。この手紙には彼の妻への愛情の深さがにじみ出ていています。
(1791・7・7 妻あて、手紙は省略)
 晩年 「魔笛」を作曲の頃にはモーツァルトはかなり生活に疲れていてバーデンでも借金を返せない状態でした。この時何くれと面倒を見てくれたアントーン・シュトール(聖歌隊指揮者)にお礼にと贈ったのがこの曲です。
 音楽評論家・高橋英郎氏は次の様に述べています。「四声のポリフォニーによる簡潔な曲だが、なんと晴れやかで、気品に溢れていることか。そして絶妙の転調による高みへの憧れ。ここにはモーツァルトの音楽の全てがある」  僅か4分に満たない短い曲です。
 私はこの曲を聴くと独りでに目頭があつくなります。
 バーデンの教会でこの曲を一度聴いてみたいと願ってます。
 「モーツァルトの一曲」皆様なら何を選びますか?
  【添付写真】 1999年・夏、ザルツブルグ・ミラベル庭園にて
文章/写真 鳥本恵司 
104 D51 18年ぶりに千葉を走る 2007/1/24
D51の勇姿  2月1日の本番を前に1月24日、千葉駅から木更津まで運転される、観光イベント列車の試運転があることを孫からのメ−ルで知りました。デジカメと録音機を持って出かけました。

 千葉駅5番線ホ−ムには大勢の鉄道ファンと幼稚園の子供たちが詰めかけていました。12時24分頃本千葉方向から、ジ−ゼル機関車に牽引されD51がホ−ムに入ってきました。幼稚園の子供達は、手をたたいて迎えました。
 D51は先頭に連結されています。あちこちでカメラのシャツタの音がしています。報道各社も多数カメラをまわしていました。12時46分、木更津に向け汽笛を大きく鳴らし、白い煙を吐きながらホ−ムを離れて行きました。そのおりフジTVからインタビューを受け、懐かしいのとSLの力強さを感じたと答えました。2月1日の切符は完売だそうです。本番はどこで観ようかと思案中です。
文・写真/松野雅太郎 
103 「2007年 SSM新年の集い」 2007/1/15
演奏風景 1月15日、「2007年 SSM新年の集い」が恒例の「ノア」で開催されました。90名弱の会員と会員のパートナーや友人が集まり会場は新年らしい華やかなムードにつつまれました。

 会長の挨拶のあと乾杯、食事,団欒とすすみ本日のメインイベントのヴァイオリンコンサートが始まりました。演奏してくれた方は神保聡子さんです。東京芸大大学院在学中で現在米国SMU(大学)に留学中の新進ヴァイオリニストで数々の音楽賞を受賞し将来が楽しみな、かわいいお嬢さん。同じくピアニストで活躍中のお母さんが伴奏を担当なさいました。早春賦、さくら横ちょうなどのお馴染みの抒情歌にはじまり無伴奏で「バッハのAdagio」や「マスネのタイスの瞑想曲」などをとても丁寧に奏でてくれました。アンコールにこたえて3曲もすばらしい演奏を追加、皆息をひそめて感動してしまいました。

 最後に江崎さんが指揮をとり、全員で「花」と「故郷」を合唱し閉会になりました。今回は1年ぶりにお会いする方が多く再会を喜び「又来年ネ」の言葉で別れを惜しんださわやかな新年会でした。
文・浪江幸子/写真・工藤司朗 
102 第29回にじのわ会ゴルフコンペ 2007/1/9
優勝の小関さんと会長の穂積さん 「優勝の慶び増して獅子の春」
               小関宏
  第29回にじのわ会ゴルフコンペが1月9日晴天の千葉よみうりCCで 開催されました。

 優勝は小関 宏さん。「40余年の ゴルフ歴で過去のどの優勝より嬉しくこれからまたプレイできる新たな喜びを持つことができた」とおっしゃってます。
 ラウンド中随所に“小技の小関”を発揮してらっしゃいました。兵隊のご経験のある最高齢の方が、変化に富んだ難コースのフェアウェイも、グリーンも克服しての、価値ある勝利でした。
 勝因の第一に 美女(陰の声:誰だろ?)お二人に励まされてというスピーチが、皆さんの笑いを誘い、なごやかなパーティがいっそう盛りあがりました。

 準優勝は、盛本久世さん。にじのわ会は女性でもっていることを実感した一日でした。写真は優勝の小関さんと穂積会長。
文/Masuda & Ayako 写真/Takanaka
101 2007年・大発会開催 2007/1/8
乾杯の音頭の小安さん 2007年8日、中国語研究会の大発会が祭日というのに26名の参加者で行われました。

 会場では「おめでとうございます!」の挨拶が飛び交い、今年も「頭を錆付かせないぞ!」という会員の意気込みと熱気が部屋いっぱい。

 三回戦終了後は、山本会長の挨拶の後、最年長の小安さんの発声で乾杯し、美味しいお酒とおつまみで、楽しい一時を過ごしました。

 因みに、今回の優勝は男性が渡辺俊一さん、女性は三浦房子さんでした。お二人は2007年の良いスタートが切れたのではないでしょうか。
文・しをり/写真・藤原保