ホームへ トピックス 会員広場 お役立ち情報へ SSMとは SSMカレンダー サイトマップ

トピックス
トピックスNo.201〜220

221〜240へ
220 第3回健康講座
219 第1回「入門・男の料理教室」
218 第7回SSM総会
217 寅さんを愛する会4
216 第21回ボウリング大会
215 第5回SSM納涼会
214 薄ファミリーコンサート
213 第17回PC勉強会
212 「歩こう会」 深大寺
211 第6回健康サロン開催
210 第20回記念ボウリング大会
209 SSM花見の会
208 第40回にじのわゴルフ会・コンペ
207 千葉県民写真展
206 第19回ボウリング大会
205 「シニア男性の料理教室」
開催される
204 「2010年 SSM新年会」
203 寅さんを愛する会3
202 第18回ボウリング大会
201 第5回健康サロン
200〜181
180〜161
160〜141
140〜121
120〜101
100〜081
080〜061
060〜041
040〜021
020〜001
220 第3回健康講座 開催 2010/9/14
第3回 健康講座 9月14日幕張の市民プラザで、「動脈硬化は万病のもと」と題して、千葉ポートクリニック(幸町)今村貴樹院長から講演を伺いました。

 日本で「がん」についで4人に1人の高い死亡率で脳梗塞、心筋梗塞の疾病で多くの命を落としているのが現況です。血管の疾病に関して、我々高齢者は「加齢」「高血圧」「糖尿病」などの高いリスクを持っております。悪条件が多い中、不幸な事態に会わないためにはどうすればよいのでしょうか。

 今村院長は、一つ目に、悪玉コレステロールを善玉コレステロールの2倍以下にすること。血液中に含まれる脂質が、過剰になり脂質異常症を放っておくと、自覚症状が無いまま、動脈硬化が進行して心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症が突然発症し、不幸な事態を招く例が多くあります。二番目に、脂質異常症対策として、動脈硬化が進行しないための有酸素運動が大切です。「平均一日あたり30分程度の散歩をしましょう」三番目に、「バランスの取れた食事を継続しましょう」治療には従来の慣習から抜け出し、ライフスタイルの見直しからはじめことが必要ですとお教えいただきました。

 明快で説得力のあるお話から、大きな力を戴き、みなさん大変満足致しました。先生のホームページには「明確な意思を持って、がんに未承認薬、分子標的薬を使おう」という最先端思考が表記され、医療への挑戦が伺われ、若さもあり魅力的で、機会があれば、再度お話を伺いたい先生でした。 
文・大室高根/写真・鳥本恵司
219 第1回 「入門・男の料理教室」 2010/9/6
 第1回「入門・男の料理教室」 9月6日打瀬公民館・調理室で、第1回「入門・男の料理教室」を受講生18名で開催致しました。
 講師陣は、地域貢献度の高い和洋女子大学大学院生お二人と、我が「健康サロン」チームの舘野さん、清澤さん、土井さんの計5名でした。
まさに入門編でありまして、スーパーマーケットで食材を悪戦苦闘しながら調達するところから始まりました。
 料理は、「バランスの取れた食事とは?」とテーマは壮大ではありますが、何と包丁の使い方から正しい計量の仕方を学び、お米をはじめ食材の洗い方から切る煮る茹でる炒めるなどを経て、@ごはんA味噌汁Bさばの高菜蒸しCキャベツのサラダDエリンギのおかかバターソテーを作り上げました。
 どれもお手軽でかつ美味で、入門にふさわしく、これなら出来そうだと実感できる内容でした。
殊に、さばの高菜蒸しは、電子レンジを使い、生さばを3枚におろしてもらえれば、油炒めの高菜とお酒とめんつゆだけで、簡単だと感じました。

 和気あいあいと楽しい、有意義な教室であったと、自画自賛いたしております。あと2回続きますが、今回の課題を乗り越え、より良い教室に向けて、世話役一同努力して参ります。ご支援よろしくお願い申し上げます。
文・武山忠孝/写真・工藤司朗
218 第7回SSM総会 2010/9/8
第7回SSM総会 9月8日(水)午後1時半、新しい会場となった幕張勤労市民プラザでSSM総会が開催されました。台風の影響で激しい雨と時折響く雷鳴の中、81名の参加を得て盛大に始まりました。1年間ご尽力頂いた前代表益田 清さんから新代表高橋安吉さんへ大きな拍手の中で引き継がれました。
 新代表からはSSMの活動基盤を継承し、クラブ活動の支援と会員の心の拠り所として存続させるとの心強いご挨拶がありました。会計報告、新会員紹介、運営委員紹介と会が進み、休憩時間は例年のパーティー形式を止め、UI会の方が用意してくださった茶菓で久しぶりに顔を合わせた会員同士が賑やかに歓談しました。その後、原田輝俊さんの講話「最近のパソコン事情について」いつまで使えるか?買い替えの時期は?パソコンのサポートの期間は?などの詳しい説明に熱心な質疑応答があり、SSMの原点はやはりパソコンだと改めて感じました。

 最後に真早美さんの指揮により恒例の千の風になって・故郷・今日の日はさようなら・そして「SSMの歌」を合唱しました。
文・白井智子/写真・工藤司朗
217 寅さんを愛する会 映画鑑賞会4 2010/8/31
寅さんを愛する会4  初めて寅さん映画上映会に参加しました。 最近のどぎついドラマやお笑いの氾濫にうんざりしていたところに一服の清涼剤のような寅さんの人情喜劇に癒される一時でした。

 今までに寅さん映画を観たのは、劇場・テレビで2〜3作でした。今回上映されたのは2作目の寅さんが瞼の母と再会するという記念すべき一作。マドンナは佐藤オリエさんという懐かしい女優、画面のそこここに、今はビッグになった俳優の初々しい顔を見つけることができます。制作陣も出演者も、実に豪華な顔ぶれです。

 「生まれは葛飾柴又、帝釈天で産湯をつかい・・・」の口上に、フーテンの寅さんは、江戸っ子だと思っていました。それが意外に瞼の母は、こてこての大阪弁のミヤコ蝶々さん。再会の場面では行き違いがありましたが、最後には寅さんらしい親子の情景にほっとしました。寅さんのユーモアは、東京と大阪両方の下町を土台にしていたと関西人の私は納得しました。もうひとつ、寅さんには悪いけど、寅さんの恋が成就しない場面もほっとするのはなぜでしょうか。泣いたり笑ったり、どこまでも安心して見れる映画です。

 映画の後は、お茶とお団子とおいしいご飯で、寅さんにまつわるお話を伺い、こうして仲間と映画を共有する楽しさも教えていただきました。
寅さん会の皆様、ありがとうございます。心温かく、9月の残暑を乗り切れそうです。次回も期待しています。
   尚、「寅さんの似顔絵」は山口智子が制作された絵です。
文/写真・池垣真知子
216 第21回ボウリング大会 2010/8/18
苦節4年の初優勝! 今回ボウリング大会で初めて優勝させて頂きました。まさに苦節4年と言う感じです。メンバーの皆様激励本当に有難うございました。

 ここ1〜2年はちょっとマンネリの感でしたが、前回のボウリング会の時に土井さんのボウリングスタイルを見て、あの体全体で表現し、ダイナミックな動きで確かスコアーは134だったと思いますがその時私は95でした。その時私は頭を、ガーンと殴られた様なショックを受けました。今までのただ漠然と参加し投げていた事の無意味さを知りました。そして滝口さんや西岡さんにアドバイスを頂き、翌日から家内を誘いボウリング場で後ろから見てもらい、体の動きをチェックしました。ラッキーもありますが結果が出て本当に良かったです。

 しかしSSMのクラブ活動は本当に良いものだと再確認しました。現役を引退してすでに8年経つのに切磋琢磨しなければという気持ちを起こさせてくれるのだから、SSM万歳!
 いつまでもこの活動が続きますように。                     
文・伊藤 篤/写真・高中俊郎
215 第5回納涼会 今年も出来立てビールで乾杯! 2010/7/28
全員「元気印」! 真っ青な空に力強い入道雲そしてアスファルトには樹々の緑が濃い影を落としてまさに『ビール日和』。

 まず感動したのは「今年は工場のレーンが動いているわ」という事。「来年の納涼会も期待できるわ」という思いを胸に案内嬢の説明を例年の如くとりあえず頷く。右から聞いて左に直ぐに落としてしまう。正に竹輪耳(ちくわみみ)状態で説明は我々には役にたってはいない模様。案内嬢の説明が終わると皆平静を装いつつ何気に小走りに試飲会場へ。過去最高は6杯とか。先ほどの小走り状態の割りには何方も2〜3杯でお代わり終了の模様。

 食事はジュージューと焼きあがる油を浴びつつ食べて、笑って、おしゃべりして・・・といつもの和気藹々ムード。窓の外には退役した南極船「しらせ」が我々の『元気印』を羨んでいるかのようにじっとたたずんでいました。
 SSMの皆様の健康を願ってもう一度乾杯 !!
文・あれれ/写真・工藤司朗
214 薄ファミリーコンサート 2010/7/19
薄さんのファミリー共演  梅雨が明けて、朝からギンギラギンの海の日。幸町のガーデンタウンで、「薄ファミリーコンサート」が開かれました。
  オープニンバーは、戦後最大のヒット曲「森と泉にかこまれて、静かに眠る ブルー ブルー ブルー シャトー」エレキギター薄 襄治さん、ピアノ薄 淑子さん。この曲のレリースは、昭和42年(1967年)今から43年前です。

 時代は学生運動が盛んになるころでした。歌は世につれ、世は歌につれといわれますが、数十年前を思えば一人ひとり想いは違いましょうが、清らかな涙が心を洗ってくれるような気持ちを覚ましてくれました。一部兼子恵子さんのすばらしい歌声も交え、山小舎の灯、瀬戸の花嫁、あざみの歌、旅人よ、すずかけの径、つぐないなど、全20曲、ガーデンタウンのお母さんたちと、SSMのお父さんの頑張りで、すばらしいハーモニーの大変に楽しいコンサートになりました。

 いつか、SSMの演奏家が結集し、「SSMオールスターズ」のコンサートをビールを飲みながら聞きたいと夢見ております。
文/写真・大室高根
213 第17回PC勉強会 2010/6/23
第17回PC勉強会  今回初めてPC勉強会に参加させて頂きました。

 1部のグラフ作りは、あまり日常生活で必要としないので、自分で作るとか、出来るとか考えてもいませんでした。 
 実際にやってみると、あっという間?に出来てしまい驚きました。数字もただ単に表で見るよりも、棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフと作ってみると、対比のわかりやすさ、おもしろさがあるんだなと思いました。

 2部のプリントスクリーンはやはり初めての経験で、何気なく頂いているテキストなどもこんなふうに作られるのかと、皆さんよく勉強なさっているなと改めて感心しました。
 SSMのHPもこれからはどんどん活用して生活に活かしていきたいと思います。
 最後のペイントの勉強。楽しかったです。あっという間に鍵和田さんが画面に風景画を描いたことに驚きと、感動を味わいました(ちなみに私は金魚を書くのに精一杯でしたが……。でも結構可愛く書けましたヨ)。

 今回の勉強会で、自分が少しPCに近付けたかなという気分と、これから数字を見たら表にしてみたい自分がいたり、ペイントで遊んでみたい気分だし、何だかわくわくするような気持でいっぱいです。

 いろいろ丁寧に教えて下さいました皆様方本当にありがとうございました。                
文・廣瀬 薫/写真・高橋安吉 
212 「歩こう会」 深大寺 2010/6/18
歩こう会深大寺集合写真
 紫陽花が雨に濡れて、いっそうの風情をかもしだす季節になりました。入梅して5日目の6月18日(金)久しぶりにSSM「楽しく歩こう会」が開催され、33名が集いました。
 午前中うす曇、3時頃から雨が降り出しましたが、この時期としては上々の天候でした。

 目的地は「深大寺と神代植物公園」で、新宿から京王線つつじが丘駅まで行き、駅前からバス15分と比較的近くで、散策範囲も4km程度と軽めでした。
 深大寺は武蔵野の雑木林に囲まれた、由緒ある古寺の趣のある重厚なお寺です。見るべきものも多くあります。
 神代植物公園は東洋一の規模を誇る植物公園で、いまはバラ、睡蓮、花ショウブなどが盛りを迎え、よく手入れされたとても綺麗な公園です。
 深大寺そばは350余の長い歴史的評価と名声を広めており、参道には30件近いお蕎麦屋さんが、個々に個性を出して出店しています。みなさんは狙いのお店で美味しいお蕎麦を堪能したようです。
 雨が降り出し、少し早めに解散したこともあって、体力があまり吉祥寺駅周辺で、コーヒー、アルコール、ワイガヤ、ショッピングをして夕食まで済ませ、かろうじてその日のうちに帰宅された方もいたようです。これが一番の「楽しく歩こう会」なのかもしれません。そのためにいつまでも歩く能力だけは確保しておきましょう。
 幹事さん方のご苦労で、大成功でした。みなさんから沢山のありがとうメールが寄せられました。

 猛暑が過ぎたらまた「楽しい歩こう会」を計画して頂くように会長さんにお願いしておきましょう。   
文・大室高根/写真・工藤司朗 
211 第6回健康サロン開催 2010/6/16
健康サロン「薬」の講和  気象庁の梅雨入り宣言直後の6月16日は前夜からの続きでどしゃ降りの朝を迎えました。  「第6回健康サロン」の日です。

 今回は「薬」をテーマに選び、幕張勤労市民プラザに千葉市薬剤師会理事の矢崎吉一氏をお迎えして「薬の正しい使い方」の講話をいただきました。
 出席者35名。詳細は「薬ができるまで・血中濃度とは・飲み忘れた時の対処法・ジェネリック医薬品とは・薬剤師を活用しよう」などで、映像を使っての解説も効果的だったと思います。

  私共は加齢と共に服用する薬の数が増え、その副作用や飲み合わせに不安を抱いています。
 今回、これらへの基本的な対応の仕方、薬の基本量と時間を守ることの意味、またカプセル錠の構造などと色々学び、併せて会員から事前に寄せられた質問と会場での質問共々に入念な解説を得て、薬に対する認識を一歩進められた満足感を手にしました。

  いつのまにやら戸外のお天気はすっかり回復して青空が輝いていました。
文・舘野富士子/写真・工藤司朗 
210 第20回記念ボウリング大会 2010/5/19
第20回記念大会入賞者 この度第20回SSMボウリング大会で、どうした事か私が優勝させていただき有難う御座います。幸いメンバ−にも恵まれまして、
チ−ム対抗戦にも優勝でき二重の喜びです。

 スタ−ト前、西岡さん、薄 さんと優勝目指して頑張ろうと誓いました。各チ−ムを見てもみんな優勝候補です。でも何とか優勝したいとの一念が通じたのかも知れません。
今回は私にとっては出来すぎでした。ストライクが2ゲ−ムで6つ取れました。
楽しく記念大会に名前が記される事を、喜びとしております。有難うございました。
次回は8月18日(水)です。
文・松野雅太郎/写真・高中俊郎 
209 SSM花見の会 2010/3/30
お花見集合写真
 3月30日(火)、SSMの恒例のお花見がポートタワー公園で開催されました。前日は一日中寒い小雨。なのに、当日は、真っ青な空で絶好のお花見日和。天気の神様にも参加してもらっている気分で、会場は盛り上がりました。申込参加者42人が、定刻11時、10〜11人の4グループに分かれ、輪になって、お花見会の開始です。

 世話役が準備したお弁当や、菓子、つまみ類も豪華版でしたが、参加の皆さんが持ち寄った手作りの食べ物、銘柄のワイン、お酒などが、グループ間をぐるぐる、あれも、これもと回ってきました。人の話にうかれおいしい飲物、食べ物に浮かれて、SSM仲間のよさを味あう至福の時間でした。周囲の桜も、多くが蕾ながら、見てる間に咲き進む感じがしました。

 ビンゴあり、歌ありで全員がまとまったあと、集合写真を撮って、2時過ぎ、あっという間に過ぎた時間を惜しみつつ解散しました。
  文・益田 清/写真・工藤司朗  
208 第40回にじのわゴルフ会 2010/3/23
優勝者の写真 花曇りの3/23(火)第40回記念にじのわゴルフ会が習志野カントリー倶楽部で行われました。
名物の桜のつぼみはほころびかけていましたが、まだ少し早いようでした。場内にある大きなしだれ桜は見事に満開の花を咲かせていましたし、コース内の桃や杏の花は鮮やかな色で眼を楽しませてくれ素晴らしい。芝生も心なしか緑がかり春を感じさせる穏やかな一日でした。

 7組26名の参加者(男性16名女性10名)は、それぞれ珍プレー好プレーなど和気あいあいの中にも互いに熱戦(舌戦)を繰り広げた結果。優勝は松浦陽一さん、準優勝は江崎和彦さん、第3位は穂積靖司さん。参加賞として地元の新鮮生卵を3パックも頂き感謝。
 次回は10月13日の予定です。 写真は優勝の松浦陽一さん。
文・鍵和田 潔/写真・高中俊郎  
207 大谷さん千葉県民写真展に入賞! 2010/3/2
空中で一服 第35回千葉県民写真展に、デジタル写真クラブの大谷且子さんが、ネイチャー部門に入賞しました。作品は「空中で一服」。昨年のデジタル写真クラブの例会で一席をとった「至福の時」の連作の一つ。

 花見川サイクルロードで、スズメガの仲間のオオスカシバが、コスモスの蜜を吸おうとして空中に静止した瞬間を狙って、何枚かの作品を撮られたそうです。自然のひとコマを生き生きと切り取ることの得意な大谷さんならではの作品といえます。

 入選作は、2日から7日まで千葉県民写真展で展示されました。また、オオスカシバの翅の動きをとらえた「至福の時」は、写真クラブの2009年9月の例会ページでご覧いただけます。
文・いけちゃん/写真・大谷且子
206 「第19回ボウリング大会」対決の行方は? 2010/2/10
対決は引き分け! 時は平成22年2月10日、場所はエースレーンボウリング場。さぁ件の中嶋氏と武山氏の対決、第一幕が切って落とされた。
 なんと中嶋氏6回までスペアの連続!期待が持てるぞ。眼はらんらんと輝き、五体に力が漲る―っ!結果144点を叩き出した!
 片や武山氏、スペアの嵐に対し4個のストライクで応えるという非凡の才!結果133点。見応えありますなぁ。ゲームは白熱し両者の力量はあざなえる縄の如し。まだまだ先はわかりませぬ。面白くなってきたぞ。
 さぁ、第二幕目に突入だ。あららどうした中嶋氏、力を使い果たしたか緊張の糸が切れたか、平凡なすべり出し。結果112点。一方の武山氏、相変わらずストライクを出すわ出すわまたもや4個!しかしながらその効果を活かしきれず結果127点。
 かくして巷間賑わせた両者の対決、一幕二幕を振り返れば一勝一敗の引き分けと相成り、満場ヤンヤの喝采―っ!
 この日の優勝は武山さん、準優勝は圍さん、第三位は西岡さんでした。入賞者には副賞として「次回幹事役」が贈られました。
 
 さて、次回開催は5月19日(水)と相成った。第20回の節目の大会、大盤振る舞いが期待できそうですな。腕に覚えの有る者無い者、さぁさ寄ってらっしゃい寄ってらっしゃい―っ!
文・ しかちゃん/写真・嶋田治雄
205 「シニア男性の料理教室 開催される 2010/2/3
真剣に料理の準備  この度、SSM「健康サロン」のお世話役の皆さんにより「高齢男性の為の料理入門教室」が企画され、美浜区保健福祉センターにて開催されました。

 この企画は濡れ落ち葉の様に奥方にへばり付き昼の「うどん」の一つも作れない方々のために考えて頂いたものと思いますが、同センターでも国の志向する高齢者向け介護予防のための食生活の指導・改善計画にマッチするものとして協力下さったようです。

 当日は管理栄養士の新部仁美さんの高齢者のための食生活に関するお話のあと4つのテーブルに分かれ各テーブル2名のヘルスメイトさんの指導のもと、実技にはいりました。
初めに「包丁の扱い」「お米のとぎ方」等の簡単なお話があり、「チキンライス」「豆腐ハンバーグ」「温野菜サラダ」の3品の調理にはいりま した。食材と料理のレシピが用意されていて、それに基づき材料を刻む・混ぜる、調味料を加える等の後、レンジやガスコンロで加熱して行くわけですが、皆さんまさに童心に返って「おままごと遊び」をしているかのように、満面ニコニコ顔で調理に励んでおられました。そうした中で大変に面白かったことは自分が調理したものにラップを掛け名前を書いてレンジしたりしますので、後で試食をする際に「旨い不味い」の文句のつけようがないようになっていたことです。

 全て完成後、試食にはいったのですが、驚いたことにこれが又大変美味しく、若干薄味な感もしましたが高齢者向けにアレンジして下さったようで皆さん大変に喜んでおられました。それに今回の調理で非常に良かったことは電子レンジを何回か使うことで料理が早く、簡単にできたことです。

 試食後、各テーブルとも使った食器や調理道具類を綺麗に洗い後片付けまでしている姿を見た時、ご家庭に帰った皆さんが一度でも良いから、今日のような料理を作り、そして後片付けのお手伝いをなさったら奥様のサービスがもう一段上がるのではと思いました。
文・山田敏夫/写真・工藤司朗
204 「2010年 SSM 新年の集い」 2010/1/15
全員で合唱  恒例のSSM新年会が1月15日、ヴェルシオーネ若潮でおこなわれました。
 お久しぶりの挨拶や初参加の方など総勢75名が和気あいあいの雰囲気で会場のあちこちで繰り広げられ、皆さん満ち足りた雰囲気でした。
 益田代表の挨拶、今関朝樹さんの愉快な乾杯に始まり、アトラクションはフルートアンサンブル(深山真里・新垣隆・武田将)によるクラシックや懐かしい映画音楽など素晴らしい演奏にしばし聞き惚れ、最後はこのバンドの伴奏で「千の風になって」手のひらを太陽にの替え歌で「SSMの歌」を全員で大合唱。「みんなの心は太陽さ、いつも明るくあたたかい、シニアスクエア幕張の楽しい仲間」で最高潮に盛り上がる。
閉会の言葉は、若手の笑顔で明るい三浦洋司さんの一本締めでお開き。素晴らしい一日でした。
 また来年も元気な顔を見せてくれる事を祈ります。     
文・ 鍵和田 潔/写真・工藤司朗
203 寅さんを愛する会 映画鑑賞会3 2009/12/8
映画鑑賞会参加者  12月8日、幕張勤労市民プラザで3回目の寅さん映画会が総員28名の参加で賑やかに催されました。
沢山のお菓子やご飯、漬物、たらこもあってお芝居見物のような楽しい映画会でした。

 先日孤独な死が報道されて多くの人を驚かせた大原麗子が、寅さん映画に登場した第1作(シリーズでは第22作)「噂の寅次郎」が上映され、大原麗子のたおやかな美しさにうっとりしながら前回同様笑ったり、ほろっとしたりで、映画は終わりました。

 和やかな雰囲気の中でお菓子等を頂きながらの休憩を挟んで、寅さんシリーズに出演した俳優について山田監督のエピソードが紹介され、殆ど故人となった名優達を偲びました。寅さん役の渥美 清とレギュラー出演の笠 智衆、ゲスト出演の森繁久弥や志村 喬、田中絹代その他シリーズ毎に登場する俳優達の演技が、個々の俳優としての人生を投影してより一層味わい深く、それがこの作品の人気を支えてきたのだと改めて思いました。
感動の中で次回を楽しみに夕方散会しました。
文・吉本和子/写真・鳥本恵司 
202 第18回ボウリング大会 2009/11/18
入賞者 第18回の優勝者は嶋田治雄さん、準優勝は三浦洋司さん、3位は池垣真知子さんでした。

 思い起こせば…
 中嶋勲さんが幹事をされた第10回記念大会が初参加で、<ルーキー賞>と<特別賞(エンジョイしたで賞)>を頂いたのが運のつき……  11回大会はペースメーカー術で欠場しました。12回大会で復帰?会員の皆様にも夫々の思い出がおありでしょうが、その復帰戦がメロメロで、中嶋さんの足を大いに引っ張ってしまい、中嶋さんは<飛び賞>どまりでした。
 その時の表彰式で中嶋さんのあの名?文句「メンバーに恵まれず……」発言があり、私の「必ず何か賞を持って行かれる中嶋さんは悪運が強い……」発言に、「悪運が強いのではなく、運(ツキ)も実力の内……」など、知る人ぞ知る、メール上のやり取りが始まったと言うわけでございます。すると、なんと13回大会は4連続スペアがでるなど、それこそパートナーとレーンとハンデキャップに恵まれ、優勝してしまいました。
 その後は<飛び賞>受賞の連続……16回25位(アブナク?幹事役)、17回10位、そして今第18回は、“鬼(中嶋さん?!)のいぬ間”の第5位と、三浦さんの“ヨイショ(生徒を盛り上げるのがお上手です)”のお陰を持って、相成った次第です。

 初参加からわずか2年で、ボウリングそのものの壮快さもさることながら、レーンを離れての対話・懇親により親交の深まりを得ました事は私にとりまして大きな喜びです。
 SSMボウリングクラブへのご参加を、心からお誘いいたします。

 次回の開催は、来春2月10日(水)です。
文・武山忠孝/写真・山本登志郎 
201 第5回健康サロン 2009/11/11
健康サロンチーム、スピーカーの方々 11月11日午後雨の中、幕張勤労市民プラザでの「第5回健康サロン」には30名(女性7)の参加者を迎え成功裏に終了しました。

 1部では山本登志郎氏が「前立腺肥大症の体験」を初期症状から手術に至るまでの長い過程を手製の
ポスターで説明され、活発な質疑応答が行き交いました。
次いで武山忠孝氏が「障害のある方のための各種のマーク」を紹介。特に「体の内部に障害を持つ人」への理解を強調され、高仲惣二氏は長年患った通風が実は関節炎だったことが最近判明し、戸惑いとセカンドオピニオンの大切さを実感されたというお話。

 2部は嶋田氏指導のロコモ予防体操で体を動かした後、鈴木和子氏の、「変形性膝関節症」に入りました。無自覚での発症から最近の手術に至った経過と術後の厳しいリハビリを丁寧に紹介され、病院で学ばれた貴重な予防体操をタオル持参で参加した私達に伝授下さいました。
改めて早めの手当て、情報取得、医師選びの大切さを再確認したことでした。
文・館野富士子/写真・工藤司朗