ホームへ トピックスへ 会員広場へ お役立ち情報へ SSMとは SSMカレンダー サイトマップ

イメージ花SSMとはイメージ花

シニアの“ふれあい”、“学び”の場です。私達は、シニアのパソコン教室であるシニアネット サーフィン幕張の修了者有志による仲間です。一期一会、この世で折角知り合った仲間です。パソコンを通じて情報を交換、シニアの英知を結集。“悔いのない人生”にするため、クラブ活動、勉強会を開いています。2005年1月、名称を“シニアーズ スクエア 幕張(略称 SSM)”と変更しました。

イメージ葉 理念
SSMのメーリングリストを中核に、勉強会や各種クラブ活動などで、シニアの英知を結集し、セカンドライフの一段の充実を目指す。そして、各自“悔いのない人生“にするため、会員同士が互いに協力し合う。


イメージ木 会則
[会則]

 第1条 名称および所在地
「シニアーズ スクエア 幕張(Seniors’Square 幕張  略称 SSM)」とする。
シニアの学びの場、交流の場、ふれあい広場に通じる。
会の事務所を千葉県千葉市中央区東千葉2-18-4におく。
  
 第2条 会員
会員はMMSのパソコン講習受講者を以って構成する。但し、新しい会員は本会の理念に賛同し、SSM会員の推薦を受け、かつ運営委員会(UI会)の承認を得るものとする。

 第3条 運営
会の運営は、運営委員会(略称UI会、UIは友愛に通じる)で協議して決める。
重要事項については、会員総会などに諮るものとする。
  
 第4条 UI会委員
UI会委員は、自薦、他薦を以ってUI会で選出、協議して決める。代表の下に、会計、企画運営、ホームページ、メーリングリスト管理の各分担をおく。
  
 第5条 会員総会
毎年9月に会員総会を開く。1年間の経過報告、収支状況を報告する。

 第6条 メーリングリスト、HPについて
メーリングリストは、会員間の一番の情報伝達手段であり、出来得る限り発信する。
何人もこれを阻害してはならない。万一、阻害するような行為があった場合には、退会もありうる。また、ホームページは、SSMの顔であり、Webページクラブで随時更新していくものとする。
  
 第7条 退会
自由。ただし、会の運営を著しく阻害する行為があった場合には、UI会の決定で強制退会もありうる。
 
 第8条 会費
年会費は1,000円とする。会の運営状況如何によっては、総会に付議したうえで、見直すこともあり得る。年会費の有効期限は、9月1日より翌年8月31日までとし、途中入会においても同額を納めるものとする。退会者については、会費の返金は行わない。
  
 第9条 ネチケット
メールの発信に当たっては、ネチケットとして次のことを守ることとする。
  イ) 政治活動の禁止
  ロ) 宗教活動の禁止
  ハ) 物品の販売の禁止
  ニ) 他人に対する誹謗の禁止
  ホ) 画像の添付は禁止
  ヘ) 本人の了解なく行う転送の禁止

 第10条 ウイルス対策
ウイルスが世界的に蔓延している現在、ウイルス対策を講じるのは、メールの発信者にとって最低限のマナーであり、必ず対策を取るものとする。
  
 第11条 クラブ活動
会員のニーズに応じ、随時発足させる。そして、活動の様子を、ホームページやメーリングリストで知らせる。

 第12条 勉強会
人間いくつになっても学ぶことは必要である。タイムリーなテーマを選び、随時、勉強会を開く。 

 第13条 慶弔費
会員の冠婚葬祭に際しては、SSMから慶弔費を送る。
      
以上  topへ


イメージ花 歩み
 SSMの源は、1998年9月、鈴木勝彦氏が幕張メディア サーフィン(MMS)の中に開いたシニア向けのパソコン教室に発します。MMSは、千葉県企業庁が企業や大学の協賛を受け、幕張新都心のIT情報発信基地として設けたものです。
 当時シニアがパソコンを習うことが珍しく、マスコミはじめ各方面の注目をあび、次第にセミナー修了者が多くなり、シニアネットサーフィン幕張(SSM)が組織されました。
SSMの中には「にじのわ会」と言う親睦会が出来、パソコンの習得者で親しくなった仲間で色々なクラブを立ち上げました。
2003年末に千葉県企業庁から突然2004年3月をもってMMSを閉鎖する通告を受け、存続の運動も虚しく閉鎖に至りました。
5月には鈴木勝彦氏がNPO法人MaMAの立ち上げのためにSSMの主宰者の地位を退きましたので新たに代表を定め現在に至っています。
2005年1月には名称も「シニアーズ スクエア 幕張」(SSM)と改称し、同時に新生SSMとして理念、会則を作りスタートを切りました。
SSMは教室を失った今、日常的に一堂に会してPCを学ぶ事は出来ませんがシニアの持っている経験と英知、お互いの信頼を武器にこれからはWeb上で情報交換をしながら社会のために少しでもお役に立つと同時に、自らのセカンドライフの充実を目指します。
現在200名の会員は各種のクラブ活動に積極的に参加して人生を大いに楽しんでいます。

ページトップへ