ホームへ トピックスへ 会員広場 お役立ち情報へ SSMとは SSMカレンダー サイトマップ
三月の俳句
 出席者3名というちょっとさびしい酔芙蓉の会が
持たれました。今月の「お題」は「車」。歯車・廃車・車海老・風車等いろいろな角度から詠んでみました。
もうすぐ桜が咲くでしょう。桜は俳句に携わる者にとって
心穏やかではいられません。また楽しく俳句を続けて行きたいと思います。
                      写真 棗  文 一汝

 

 風車三つ四つ五つ開店す

 いつわりの遺伝子情報春嵐

 春の宵物の怪めきて老大樹

 電子辞書いつもかたわら卒業す

 仮の世の弁当箱に春の夢

 

 雛の膳車海老の赤菜の緑

 春塵を流して町の潦

 神鈴の小雨にくもる彼岸寺

 縮緬のかんざしとも三椏の花

 久々に見える雛の伏目かな


一汝

 歯車のひとつ回つて物芽出づ

 白和えの青み多めに春の雪

 春塵を払ひどつかと田の昼餉

 からくりの人情噺地虫出づ

 春めくやバターとろりとパンケーキ

       
亜うる

 花の雨廃車の中のアンパンマン

 うたかたの恋の行方や花筏

 駅名に武蔵が続く目借時

 まどろめばピアニッシモな春の雨
 
 桜東風上る下るの京のまち

   
  季語の説明

   目借時とは春の眠さをいう季語です。
   蛙が人に目を借りるから人が眠くなるのだそうで
   す。春の昼の暖かさを現しています。
   季語って面白いですね。
                棗

酔芙蓉TOPへ