ホームへ トピックスへ 会員広場 お役立ち情報へ SSMとは SSMカレンダー サイトマップ
今年の春は、寒暖の差が激しい、異常気象が続いてます。
「狛犬のふんばっている春寒し」の句
雪が降る春を手と足の爪立て「うーん寒」って踏ん張っている。「僕は動けないし、ただ踏ん張るしかないだろうさ。」と今年の春をぴったり詠んだ句でした。
4月の兼題は「目・眼・瞳」です。
目頭、眼差し、結び目、魚の目、団栗目、馬の瞳、いろいろあるものですね。
皆さんで持ち寄るお茶菓子、中でもどら焼き、おいしく頂きました。                             写真、文   美遊

 鷹匠の町名残り若葉風

 品書きに「きつね」と「たぬき」花の雨

 艶やかな目をして座せり春の鹿


 能舞台古りし丹色や春惜しむ

 目に赤き枝に葉に牡丹の蕾抱く

 満ち足りて花のアーチを出づるかな

一汝

 春の霧お伽噺をひきつれて

 水面ゆく風のにほひや春千曲

 春芝居目頭拭ひ子の名呼び


なお

 土筆煮と落語を一席食事会

 風ふわり花びら届く昼下がり

 ポスターの馬の瞳や桜降る

せしる

 紐を追うドングリ眼の子猫たち

 廃屋の藤の館と化しにおり

 春愁空を仰ぎて深呼吸
      
美遊

 狛犬のふんばっている春寒し

 旅人のような白雲花の昼

 餌をあさる眼となりて春の市 


 おみくじの結び目角張る弥生尽

 帰る子のブランコみんな揺らしゆく

 定食屋に新入社員ら畏まる


亜うる

 春愁魚の目削る午後三時

 春夕焼敗戦投手のまなこかな

 蜥蜴出づテニスコートの線うすし



酔芙蓉TOPへ