ホームへ トピックスへ 会員広場 お役立ち情報へ SSMとは SSMカレンダー サイトマップ
2月の俳句

撮影 せしる
二月も終わり、もう三月、早春の季節です。今月のお題は「色]でした
春に向かって草も萌え花のつぼみも膨らみ、さまざまに彩どられる季節です。そうかと思えば急に寒の戻りとでもいうのでしょうか、冷たい雨や雪までも降ったりします。温暖化が進み、だんだんと季節がずれ
てきていますが、俳句には美しい季語があり、私たちが俳句を詠むこ
とにより、自然の大切さをまざまざと考えさせられるのだと思います。   せしる


 冴返る展示ガラスの赤き翳

 春の潮昔の唄をくり返す

 春の雪電車の中の膝小僧


 
 七彩の螺鈿の小ばこ春近し


 日脚伸ぶあと先に犬連れし人

 迷い子の泣きたてており寒雀
                   

 青空に桃色強し早桜

 春一番部屋に取り込む金蓮花

 月かわり葉牡丹の花背伸びする
                
美遊

 そういえば子豚もも色桃の花

 ヒラリーの青い瞳に風光る 

 縮緬の風呂敷選び桜餅
                                         
              

 梅ひらく幹に流れる紅散らし


 冬椿訃報メールの余白かな

 園児らのたくらみ聞こゆ春のバス
            
  
亜うる

 春を待つ空の色したランドセル

 ストックを抱きし乙女の房総路

 思い入れちりめん細工の吊るし雛
                                        
せしる

 西行忌空淡々と風ながる

 シクラメン深紅に染めて風やさ

 びゅうびゅうと厨を揺する春一番
              

 枝の先黄色に緑に春立つや

 春の風邪靄の中より
行詩

 恋猫のやつれて戻る三日振り
              
一汝

酔芙蓉TOPへ