ホームへ トピックスへ 会員広場 お役立ち情報へ SSMとは SSMカレンダー サイトマップ
九月の俳句
黒姫高原から妙高を望む やんも
きょうは肌寒く、一気に秋が深まった感じがしますが、俳句の世界ではすでに晩秋なのですね。まだ暑さの残る、9月25日、句会が開かれました。兼題は、「虫」一切。いつもながら、笑いの絶えない、しかも口福てんこ盛りでしたが、学ぶ事も多い会でした。例えば、「こおろぎ」、「つづれさせ」あるいは「ちちろ」などの別名を、皆さんご存知ですか? いろいろな場面の「虫」を詠んだ句をどうぞお楽しみください。 一汝


  いさり火の数増えてゆく秋思かな
  出航の銅鑼の中なり晩夏光 
  虫しぐれ木彫人形のまぬけ面
 桂
  雨上がりアミ戸に止まる法師蝉
  流星や燃え尽き落ちる又一つ
  鈴虫が羽を震わす列車かな

   露草や牛の乳房の重たげに
  通夜果てぬ小さな庭の虫の闇
  満月やキーホルダーに魔女つけて
やんも
  蟷螂の斧ざっくりと空を断つ
  満月や胸の裡まで明らけし
  酔芙蓉夫手折りしは仄紅く
波夢

  鈴虫音夕闇風にわき上がる
  台風や進路はずれて肩おとす 
  釣ってきた多めの秋鯖お裾分け
美遊

   松の枝の蓑虫長く揺れてをり 
  人声に躓いてゐるちちろ虫
  てらてらと赤唐辛子魔女の靴

葉月
    
   雑貨屋にこほろぎ鳴いて売られをり
   赤蜻蛉ひとつ追ひかけ群れの中
   
たたかれて薄染みとなる秋の蚊よ                  
亜うる
   角砂糖落とす紅茶は秋の色  
   振り向けば赤い月の出時空飛ぶ
   法師蝉鳴き声強く嵐呼ぶ
せしる
立錐の地の草々にも秋のこえ
涙目のてるてる坊主ちちろ鳴く
はからずも夜業となりし千羽鶴

一汝
 

大谷且子撮影


酔芙蓉TOPへ