ホームへ トピックスへ 会員広場 お役立ち情報へ SSMとは SSMカレンダー サイトマップ

12月の俳句
馬籠にて  撮影 桂
12月は「花の木」での忘年句会でした。
題は「冬の果物、野菜」。にんじん、大根、蕪、みかん などいろいろ
な句が集まりました。
美味しそうな句に出会ってお腹が空いたところへ「花の木」のお料理の
数々が運ばれ、にぎやかな句会となりました。        桂

   
      立ち話袋の中の葱匂う

     浅草はアナログの街冬ぬくし

     木道の行きつくところ冬の蝶

      
やんも

      少年の両手に余る林檎かな

       まな板に肉汁滴る十二月

     冬薔薇ためらいながらほどけたり

   
波夢

       時雨くる傷いっぱいの旅かばん

     干し大根画布に十字の基準線
     
     裸木の仲間のように画架据える



        にんじんが無ければ寂しカレーかな

      桃色の極楽浄土竈猫

     家を出るポチと私の息白


美遊

           黒豆を戻す日印すカレンダー

      派遣切り鈴の音低くクリスマス   

       冬晴れのビルの渓谷富士望む
       
せしる

          大晦日鐘撞堂へ足早に

        葉むらより熟れし蜜柑の五つ六つ

        洗い上げ干す白菜に入日映え
     


         安値とて葱買い来れば夫もまた

       二つ三つボタンころがる冬電車

       冬統べるものの気配や白き朝

      

一汝

       とろとろとかぶの甘みや白シチュー

      三、二、一、光飛び込み聖樹生る

      はぜる火の一斗缶置く年の市


亜うる

酔芙蓉TOPへ