ホームへ トピックスへ 会員広場 お役立ち情報へ SSMとは SSMカレンダー サイトマップ
2月の俳句
梅の花の写真
Photo By Ohtani
今年は暖冬気味でいつもの年より春の足音が早く聞こえてくるような気配です。
それで季題も「春めく」にいたしました。個性豊かな酔芙蓉のメンバーはそれぞれ
に色々と素敵に早春を感じとったようです。まずは作品をごゆっくりご覧ください。
そしてたまには作品にたいするご感想などSSMのメールにでもお寄せいただけれ
ば励みになると思いますのでよろしくお願いいたします。         
                                            やんも
  早口に干物売りおり日脚伸ぶ

  
新駅の長き名前や草青む

  春めくや道祖神頬寄せ合いて
  
  春めくや少女らピアスきらめかせ

  早春の羽衣めきし雲生れて

  春迎ふロボット犬の目覚めけり
葉月
  めぐる春庭のあちこち土ほころぶ

  咲く咲かぬ惑い惑わす春の雪

  退院の賑わい去りて冬入日
一汝
  花畑に日差し溢れて水ぬるむ

  
蝋梅の風に乗りたる香りかな

  老木に梅の芽吹きや小雨降る
 
  春めく日心一つを空に解く

  寒の水父に供えて神まつる

  年の数残して少しの豆まきす
亜うる
猫真似てヨガのポーズや日脚伸ぶ

  
菜の花や鳩が乗りこむ外房線

  梅蕾む風の便りも遠くなり
やんも
注 日脚伸ぶ( ひあしのぶ) 春めいてきて日が少しずつのびてきたこと
酔芙蓉トップページへ