ホームへ トピックスへ 会員広場 お役立ち情報へ SSMとは SSMカレンダー サイトマップ

11月の俳句

加来洋一撮影

北国から雪の便りが届き東京も木枯らし1号が吹いた。
11月の句会のお題は「凩」。凩は冬の初めに吹く強い季節風で、乾ききった木の葉が、この風によってすっかり吹きさらわれ、木を吹き枯らす事からきた言葉と言われている。
木枯しが吹くのが遅かったため皆苦戦した様子ですが、なんとか難なく出来ました。
エネルギッシュで感性豊かな人々に囲まれ、毎月楽しく、勉強になる会でした。            汀

哀しみは薄き花びら姫椿 木枯がいつ下りよかと会議中 小春の蝶芝生かすめて命なり 満月やステップ踏んでみたくなる 木枯や閉ざす日近し峠道 木枯や五百羅漢の泣き笑い 青空市まず売り切れる泥大根 かりがねのへの字尖りし風の夕
注  神の留守は 旧暦の10月に全国の神々が出雲に集まる。 かりがね 雁の渡る様 


酔芙蓉トップへ