ホームへ トピックスへ 会員広場 お役立ち情報へ SSMとは SSMカレンダー サイトマップ





Photo Cecil

秋も深まり、幕張でも、ビルの谷間の街路樹も色づいてきました。
赤や黄色に染まった紅葉は、見ているだけで、とてもホットな気分になります。
寒い冬に向かって、元気が出る色なんですね。   (せしる) 

11月は自治会館のお部屋で句会を開きました。
まず、俳句をメールで係りの人に送ります。係りはExcelで作った句稿用紙に全員の俳句を記入して、メンバーに添付で送ります。各自プリントして、句会の当日までに好きな俳句をゆっくり選ぶことが出来ます。
そして、質問や、自分の感想などを考えておきます。

11月の兼題「落葉」でした

落ち葉散る主なき家の静寂(しじま)かな

初恋のいたみは淡し冬桜
やんも
分け入ればわれにやさしき落葉道

紅葉山方向音痴になっている
弥生
ものを言うごとく落葉の吹かれおり

枯落葉風の軽さとなり飛べり

ボール追ふ子の落葉径かけ行けり
葉月
魂(たま)渡る真中(まなか)は踏まじ落葉路

群れ咲きて寂しさつのる冬桜
安芸
落葉の黄金の大地に座す銀杏

絢爛の紅葉の錦古刹に映ゆ

潔し裸木となり寒風に立つ
しか女
プラタナス色づき見送るプリンセス

林檎割る果汁香りてみな集う
せしる
優勝の旗手に落葉と紙ふぶき

数学を解く如落葉掃きにけり
赤い実にすずめ目ざとく落ち葉する

裸木に鍋とつぶやき道急ぐ

散紅葉水なき小川も錦絵に
亜うる
里山の落葉時雨やしきりなる

忘れ花日差し明るく華やげり

逆光に光放てり花すすき
さや
天空は抜け地は見えずして秋時雨

走り来てハタと止まりし落ち葉かな
つむ季


酔芙蓉トップページへ